amazon

先日釣った太刀魚(タチウオ)を、天ぷらと背ごし(せごし)にしました

先日は太刀魚がたくさん釣れましたからね~♪
20年以上太刀魚釣りはやっていますが、あれだけ釣れたのは初めてじゃないかな?
それくらいLED投光器の効果は抜群でした(^o^)




すごいアタリの回数なんですよ、本当に楽しかった!


DSC05167@@.jpg
とりあえず、これだけ調理しましょう♪
結構細身ですが、数があるので結構多くなりそう?




最初にせごしを作ります
家庭によって作り方は、それぞれなのですが
自分の家ではこんな感じで作っています
大分料理のリュウキュウに少し似ている感じですね~(´∀`)



DSC05170@@.jpg
頭を落として、内蔵を取り除きます
尻尾の部分も要らないので、切り落とします




DSC05175@@.jpg
背びれを取ります、尻尾側から切り取ると簡単ですよ♪






DSC05177@@.jpg
あとはそのままぶった切りですね!
身の厚みのある部分は、細めに切る感じで
尻尾のほうは、薄くなりますので少し幅を広く切ります。






DSC05181@@.jpg
使う調味料はこの3種類です
比率は
お酢2:めんつゆ1:醤油0.5


こんな感じですね~
醤油によっては濃いやつもあるので、多少減らした方がいいかもですね♪
少し漬け込む感じになるので、あまり濃い目にはしないほうがいいと思います


お酢はミツカンのやつがオススメ
ほかのOEMのやつを使うと、骨が柔らかくならないことがありますので・・・




DSC05184@@.jpg
とりあえず、お酢だけで半分くらい入れます(・∀・)
酸っぱい感じになるんじゃ?と思いきや、このお酢の酸っぱい成分で?
タチウオの骨が柔らかくなるので、食べる時には酸っぱい感じがほとんどなくなります





DSC05186@@.jpg
あとはめんつゆと醤油を入れて、タチウオが漬かる程度まで入れます
そしてこのままフタをして、冷蔵庫でしばらく置いておくだけです♪
時間は最低2~3時間くらいですね!
それくらいで骨は柔らかくなりますので、普通に食べれるようになります( ̄ー ̄)

出来れば一晩くらい漬け込んで起きますと、身に染み込みますので
美味しくなりますよ(´∀`)






DSC05192@@.jpg
指2本以下くらいの、細いタチウオは天ぷらにして見ました!
おそらく初めて天ぷらにしたんじゃないかと言うくらい、やった記憶がないですね(笑)






DSC05194@@.jpg
以前に比べて、美味しそうに見えるかな?
右側の茶色のやつは、アジフライです(笑)
刺身にしかけましたが、そのまま天ぷらにしてみました





DSC05202@@.jpg
□Dヽ(^○^)イタダキマース!!

めんつゆで食べてみましたが、( ゚Д゚)ウマー------
身がかなりふんわりしていて、本当に美味しい!



ただし!



中骨が固いんですよ(笑)
せごしで、中骨まで柔らかくなるから天ぷらでも
そのままいけるんじゃないかと思っていたのですが、全然でした(´・ω・`)

生よりは勿論多少柔らかいですが、食べるのには結構固いままで
ちょっと口の中に刺さる感じですね・・・


小さいお子さんにはちょっと向いてないですね~
中骨は取って天ぷらにした方がいいですが、小さい太刀魚の場合は
身がすくないので、天ぷらには向いてないという(´Д`)




DSC05246@@.jpg
これが丸1日置いていた、せごしになります(・∀・)
身の色が変わり十分に染み込んでいますね~




DSC05248@@.jpg
せごしはこのまま食べます♪
先ほどの天ぷらに比べて、中骨が柔らかくフニャっとなっていますので
お子さんが食べても大丈夫です( ̄ー ̄)

自分も小さい頃から、食べていました
これが結構すきで、毎年太刀魚釣りに行くと必ず作るほどです
しかも作り方も簡単ですので、是非作ってみてください(^o^)

2~3日たつと、これをお茶漬けにして食べると最高ですよ♪
骨の美味しいエキスがかなり出ていて、すごく合います


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
帰りにポチポチとクリックお願いします≧(´▽`)≦
↓↓↓↓↓↓↓↓↓




人気ブログランキングへ



防水 広角 省エネ 長寿命20WLED投光器 LEDライト 6000K[TK20W] DWブランド

新品価格
¥2,350から
(2014)






驚き!美容にうれしい注目成分!





女性にうれしいおまけつき!あしたば青汁でスッキリ体験!

☞ 関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


Your SEO optimized title page contents