amazon

中型三脚 ベルボン シェルパ 635Ⅱ 使いやすくてオススメ

先日ですが、レビューして実際に使ってみました(^o^)


Velbon ベルボン Sherpa 635II 3段 中型 3Way雲台 三脚 開封レビュー
↑先日のレビュー記事

Velbon 三脚 レバー式 Sherpa 635II 3段 中型 3Way雲台クイックシュー付き アルミ製 445667

新品価格
¥16,426から
(2014/10)




今回は、今まで使っていた安物のスリックの三脚と比べてみたり
シェルパ635Ⅱの細かいところを見てみたいと重います( ̄ー ̄)

DSC04104@@.jpg

広げてまず思ったのが、安物とは全然剛性が違うね!
上を見ればキリがありませんが、今まで使っていた三脚とは
まぁ~びっくりするほいろいろ違いますヽ(`○´)/





DSC04109@@.jpg
脚を3段伸ばしてみました(^o^)
すでに、結構な高さがありますね・・・

エレベーターを上げなくても、1390ミリという高さがあります!
このままカメラをのせて、ファインダーがそのまま覗けるほどですね!
ちなみに身長は174センチなのですが、これはちょうどいいです♪

先日の大分市九六位山からの夜景を撮った写真も、この状態で撮影しました
気に入ってこのブログのトップページの写真になっていますけどね( ̄ー ̄)





DSC04116@@.jpg
では実際に、エレベーターも全部高さをMAXにしてみたところです。

今まで使っていたのは、SLIK F163というやつです。
すでに廃盤になっていますが、かなり安い部類で売っていたやつで
ケーズ電気で、2500円とかそれくらだったと思います

MAXの高さまで上げると、まったく違うのが分かるかと思います・・・
シェルパ635Ⅱでこの状態の高さは1790mmになりますので
それからさらにカメラを取りつけるとさらにファンダーは高くなりますので
この状態で使う事はないでしょう(笑)





DSC04120@@.jpg
そしてこの脚の太さです!

比べるまでもなく、明らかな差があります。
シェルパ635Ⅱですが、パイプ系の太さが
太い順番に言うと、29→26→23ミリとなっています
一番細い部分でも23ミリと、結構太い設計なんですよね~
よく言われるパイプ系が太く、重いやつがいいと言われていますが
この価格帯の中型三脚で29ミリって他に無かったんですよ(´∀`)

まぁ~これが買う決め手になったんですが・・・



DSC04123@@.jpg
そして、今回の635Ⅱ(ツー)から搭載された脚の付け根部分が一体型になっているみたいです
前のモデルを持っていないので、分りませんが・・・
頑丈そうということしか(´Д`)




DSC04125@@.jpg
付け根部分にある、ロック部分を解除すれば脚を開くことができます
広げっぱなしのままでは、ロック解除できませんので
少し脚を内側にして、解除します




DSC04128@@.jpg
1段階広げると、このような感じになりまして
センターポールを取らないと、地面に当たってしまいます(´∀`)
少し脚を伸ばすと言う手もありますけどね♪





DSC04131@@.jpg
2段階広げると、これが一番低くなります
標準を入れて、3段階ですね~(・∀・)

花などを撮影する時に使うみたいですが、使う事があるのかどうか(笑)



DSC04135@@.jpg
ちなみに約30cmほどの高さなので、かなり低い撮影が可能ですね!





DSC04138@@.jpg
そしてこのPHD-65Q 雲台ですよ!

Velbon 3Way雲台 クイックシュー付き PHD-65Q マグネシウム製 481948

新品価格
¥13,571から
(2014/10)




アマゾンでもなんと約13500円という、ちょっと高級な雲台です!
あと3000円だせば、この三脚ごと買えますけど(笑)


なんでちょっと高いのかといいますと・・・
軽量金属マグネシウムが使われているんですよヽ(`○´)/
釣りをやっている人なら、リールに使われていたりますしますので
知っている方も多いですよね~(^o^)





DSC04141@@.jpg
クイックシュー式なので、取り付けも簡単です

コインもいらないし、回す部分もバネのような仕組みで写真のように
回す部分を立てることも、寝かすことも楽々できますよ(´∀`)



DSC04146@@.jpg
そして肝心の水平ですね!

100円ダイソー品の、水平器ですが載せてみると
雲台の水平がズレていますね(´・ω・`)

ダイソーの水平器ですが、それなりに正確で友人が持っている
シンワというメーカーの水平器と並べても
誤差が無かったので家で使うには全然これでもOKです(`・ω・´)

ただプラスチック使用なので、仕事で使うにはとてもじゃないですが強度がないですが・・・


さらに、雲台にNEX-5Rを乗せて電子水準器でも見てみましたが
やはり雲台の横傾き(左右)の水平はズレいましたね・・・
(´・ω・`)ショボーン



DSC04151@@.jpg
こちらは、上下の傾きに対する水平ですが
まったく問題ないですね!
ワザと、右側の線に泡の端っこをあわせていますが
ダイソー品とまったく同じ泡の位置でした。

上下より、左右の傾きのほうが重要だったのに・・・(´Д`)


ちなみに、以前仕事で1000分の1mmとかの傾きを見ていたこともありますので
それなりには色々知っているつもりです(笑)
それだけ細かいと気温ですぐに鉄が膨張して調整が大変ですけどね(хх,)


通常売っているやつはほとんど10分の1mmです。

100分の1でも人間の感覚では分りませんが・・・



DSC04155@@.jpg
そしてこのクイックシューには、背当てというものがついていまして
これを当てて、緩み防止というやつになっているみたいです
使うとカメラがかなり前に移動するので、コンデジとかミラーレスに使うのかな?


と言った感じで、細かいところをいろいろ説明してみました♪




先日実際に使った感じですが
DSC04576@@.jpg
写真を撮るの夢中で、使っている写真を取り忘れていましたが・・・
脚を1段広げて、少し脚を伸ばしてセンターポールが当たらないくらい高さを上げました。

座って写真を撮るのには、これがベストだったですね~


DSC04578@@.jpg
この後ろに出ている、脚2本の間に座って胡坐(あぐら)をかいていました。
ちょうど胡坐を組んでいる足が入るんですよね~(´∀`)

ファインダーの高さもちょうどよくて、座ったままなので安定して撮れますし♪
脚の広げたので安定していますが標準の場合だと
少し安定が無かったんですよ・・・
軽く物が当たっただけで倒れそうな感じだったので( ̄ー ̄)


あまり動かないまま撮影となると、やはり250~300mmくらいほしいですね(・∀・)
月などを撮影する場合もやっぱり最低300mmは( ゚д゚)ホスィ…
ですが、こういうこと意外使う事ないよねぇ~

そして夜景にも使いましたが、数秒のシャッタースピードであればまったく問題なかったです
2300グラムなので、持ち運びにもそれほど苦労はしませんし
この価格でパイプも太く、とてもコストパフォーマンスに優れていまして
買ってよかったと思います(^o^)



それより中級クラスの一眼レフカメラがほしいかも♪



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
帰りにポチポチとクリックお願いします≧(´▽`)≦
↓↓↓↓↓↓↓↓↓




人気ブログランキングへ


Velbon 三脚 レバー式 Sherpa 635II 3段 中型 3Way雲台クイックシュー付き アルミ製 445667

新品価格
¥16,426から
(2014/10)







驚き!美容にうれしい注目成分!





女性にうれしいおまけつき!あしたば青汁でスッキリ体験!

☞ 関連記事

コメント

三脚
以前持っていたのは安物でしたが、引っ越しで邪魔だったのと使わないので差し上げちゃいました。
でもなくなるとまた欲しくなったりしますね…。
いいものは重いので、軽量コンパクトが腕に見合っていいのかなと思います。
腕があってカメラもいいのを持っているのなら、GITZOなんかいいんですけどね。
ラウンズ">
Re: 三脚
とりさん

三脚持っていたんですね~(^o^)
外に出てカメラを撮る機会があっても使わない時は使わないですし
あっても場所を意外ととりますからね・・・
Gitzoはいい三脚ですね、値段は高いので自分は中々手が出せないですが
最近はマンフロットの055シリーズなんて欲しいと思っています♪

コメントの投稿

非公開コメント


Your SEO optimized title page contents